• 題名 : 美しい別れ
  • 仮題 :
  • 著者 : イ・チョルファン (文)、フンナルリン (絵)
  • 刊行日 : 2014/11/10
  • 分量 :
  • ジャンル : -
  • 国家 : KOREA

内容

「チョナン・カン」として日韓交流に大きく貢献してきたSMAPの草なぎ剛の初の翻訳本『月の街 山の街』。その本の作家イ・チョルファンが文を書いた絵本
<内容紹介>
『美しい別れ』は前作『美しいどんじり』より深い家族の愛情を描いている。お祖母さんは子どもが生まれて時からずっと、傍にいながら子どもを見守ってきた。時間が過ぎにつれ、お婆さんはしわも深くなり、腰も曲がる。しかし、子どもにはお婆さんの微笑む姿が世界中の何よりも美しく感じれる。そんな中、お祖母さんが風邪を引いて倒れてしまい病院に搬送される。この冬を過ごす事が難しそうという医者の宣告に家族たちは非常に悲しむが、お祖母さんが退院した日から家族はお祖母さんのため、冬が過ぎ、春、夏になってもまだ冬であるように行動することになる。
<著者紹介>
文:イ・チョルファン
小説家、童話作家。長編小説に『月の街 山の街(原題・練炭の道)』などがある。韓国で驚異の大ベストセラー『月の街 山の街』は中国と台湾、『こんぼパン』は日本、『ソンイの黄色い傘』『ラクダおじいさんはどこへ行ったのか』は中国でそれぞれ翻訳出版されている。『月の街 山の街』は2009年、ミュージカルとしても上演され、第4回ミュージカルアワードで小劇場創作ミュージカル賞を受賞した。著者の作品のうち9作品は小学校の教科書に、『お父さんの傘』をはじめ7作品が中学校の国語の教科書に掲載された。
絵:フンナルリン
大学で視覚デザインを勉強し、現在はイラストレータとして活躍している。作品としては『私の美しい12才』、『芋花』 『雲英伝』があり、表紙を描いた作品としては『ひとつぼし』、『德惠翁主』、『私が一番美しかった頃』などがある。 『美しい別れ』は時月による悲しい変化と急な事故による別れが頻繁であったため、大切な人と今を共に生きる事ができる大事さを考えながら作業したという。

  • 題名 : 美しいどんじり
  • 仮題 :
  • 著者 : イ・チョルファン (文)、ジャン・ギョンへ (絵)
  • 刊行日 : 2014/3/19
  • 分量 :
  • ジャンル : -
  • 国家 : KOREA

内容

「チョナン・カン」として日韓交流に大きく貢献してきたSMAPの草なぎ剛の初の翻訳本『月の街 山の街』。この本に収録された美しい物語に温かい絵を加えた絵本
<内容紹介>
この作品は多くの人々に感動を与え、韓国の教科書にも収録された物語を絵本で完成したもので、ソウル教育庁の夏休みお薦め図書にも選定された。体が弱くて学校のマラソンで完走できなくなり友達にからかわれるのを恐れているスヒョン。スヒョンは学校のマラソンを完走するため毎日練習をする。そしてマラソンの日。両親の応援の中でスヒョンは友達と頑張って走るが、自分がどんじりであることが確実で息も詰まってしまい、途中で諦めたくなってしまう。その時、スヒョンの後の誰かを応援するみんなの声が聞こえてくる。自分がどん尻でないことを知って、スヒョンは頑張って走り、マラソンを完走する。その日の夜、部屋から聞こえた両親の話で自分の後を走ったどんじりが自分のように体の弱いお父さんであることがわかる。お父さんはスヒョンが不安になってマラソンを諦めないように、スヒョンには内緒に一番後ろで走ったのだった。お父さんの愛情でスヒョンは諦めなく頑張る法方を分かるようになる。
<著者紹介>
文:イ・チョルファン
小説家、童話作家。長編小説に『月の街 山の街(原題・練炭の道)』などがある。韓国で驚異の大ベストセラー『月の街 山の街』は中国と台湾、『こんぼパン』は日本、『ソンイの黄色い傘』『ラクダおじいさんはどこへ行ったのか』は中国でそれぞれ翻訳出版されている。『月の街 山の街』は2009年、ミュージカルとしても上演され、第4回ミュージカルアワードで小劇場創作ミュージカル賞を受賞した。著者の作品のうち9作品は小学校の教科書に、『お父さんの傘』をはじめ7作品が中学校の国語の教科書に掲載された。
絵:ジャン・ギョンへ
大学では韓国文学を専攻したが、絵を描くことが大好きで、画家になった。実は子どもの頃から、つらい時は絵を書きながら自分の心を癒したという。自分の経験のように人に勇気を与える、傷跡を癒してくれる絵を描き続くのがこれからの目標。絵を描いた作品としては『あの人と合った事がありますか』、『昔のように住んでみました』、『私が嫌な日』などがある。

  • 題名 : 子供のための99℃物語
  • 仮題 :
  • 著者 : ホアキム・デ・ポサダ 、チョン・ジウン
  • 刊行日 : 2013/12/16
  • 分量 : 170
  • ジャンル : -
  • 国家 : KOREA

内容

全米ベストセラー『成功する人のシンプルな法則』が子供に伝える、
99℃に成功を作る1℃を足す方法。

“将来の夢は何なの?”と聞かれるとすぐ答えられない子供たちが沢山いる。
将来に何がしたいのかと考えたことがないか、または自分にこの夢を叶える力があるのかという気持ちに悩みがちの子供たちに、このタイトルは99℃の物語を聞き、一歩を歩き出す少年ローガンを通じて勇気や未来を作る力を与える。

小学校5年生のローガンは才能も、将来の夢もない、ただ友だちと遊ぶのとゲームが好きな普通の少年。そのローガンを周りの大人たちは心配している。夢がない人と夢がある人の人生がどんなに違うのかもう知っているからだ。
このローガンが友達から聞いた99℃のメッセージを通じて変わり、全てのことに努力する子に最長していくのが『子供のための99℃物語』のストーリーだ。

99℃の水はただ熱いだけで沸騰したりしない。100℃になってからやがてふつふつと沸騰する水になる。この水が蒸気を作り出し、この蒸気が車や機関車を走らせる力を持つのだ。この1℃の差がただの熱い水と機械を動かせる力という大きな差を作るのだ。この作品は子供たちに皆は99℃の水で1℃さえあげれば100℃の水になれる存在で、この1℃を上げれる思考や動機、自信をあげる作品だ。


<目次紹介>
原作者からのコメント
著者からのコメント

1.出会い
2.世界中の全てを夢見る
3.バスケゲーム
4.演劇部加入届け
5.99℃
6.右足を踏む
7.1℃の秘密
8.変化
9.弱みも陰口も受け入れ!
10.輝く人
11.沸騰するためには

<著者紹介>
ホアキム・デ・ポサダ
英語とスペイン語でモチベーションについての講演活動を行う他、ラジオ・テレビのパーソナリティー、作家、新聞のコラムニストとしても活躍。これまで世界30カ国以上でリーダーシップ、チーム育成、セールス、マネジメントなどについて講演してきた。スポーツ心理学者として、NBAの名コーチ、デル・ハリスやミルウォーキー・バックス、ロサンゼルス・レイカーズ、さらにはバスケットボールのオリンピック・チームと組み、選手のモチベーションにも取り組んできた。ベリゾン、シティバンク、ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア(BBVA)、ファイザー、バクスター、カーギル、ゼロックス、ユニレバーなど、アメリカおよび世界の数百にのぼる有名企業や専門機関で数多くのプログラムを実施

チョン・ジウン
15歳に作家になろうと決心し、それから15年後本人が書いた本を世界に出した。この世界の幸せは子供たちの笑顔から来ると信じているため、どうすれば子供たちに幸せな夢を夢見るように手伝える大人になれるかについていつも悩んでいる。著書としては『自然災害』、『思春期と性』、『子供のための思いやり』等がある。

  • 題名 : Only
  • 仮題 :
  • 著者 : Jin Goo
  • 刊行日 : 2016-6-17
  • 分量 : 246
  • ジャンル : フォトエッセイ
  • 国家 : KOREA

内容

今後がもっと期待になる、俳優“Jin Goo”の初フォトエッセイ。
明日を待ちながら書いてきた今日の記録

演技の上手な俳優から、大衆に愛されるスターになった14年目俳優“Jin Goo”。このタイトルは彼が旅行先の済州島で写真と自分の考えを書いた初フォトエッセイである。

2016年、誰よりも忙しい1年を過ごしている彼が跳躍のためとったバケーション。朝寝坊をして、人と出会い、映画を観て…彼の好きなことについて次々と言う彼の姿には男らしいが繊細で、慎重ながらも子どものような純粋な魅力を見せる。

彼の言うことには一つ確実なメッセージがある。仕事、愛、人生、又自分の幸せのためただ一つの道を歩んできたこと。あせらず、ゆっくり、たゆまず、情熱を持って!世間から見るには少し遅く見えるかも知れないが、いつかそれが私を目的地までみちびいてくれるだろうと彼は信じている。綺麗な済州島の背景とともに今まで知られなかった、彼のストーリー、信念、愛、プライベートな一面を覗いて見ることができる。

<著者紹介>
Jin Goo
スターでなく、俳優になるため努力している。2016年韓国、中国で大ブレイクしたドラマ「太陽の末裔」のソ・デヨン上士で役で人気を得るまで、長い期間を独りで歩いてきた。2003年ドラマ「オールイン」でスポットライトを浴びながらデビューしたが、以降以外にも注目のスターにはなれず。しかし、この時期を彼の俳優としてのアイデンティティを築く重要な時期であったと思っている。この時期から鍛えてきた演技力と真面目さで認められ、堅固で、自分らしいフィルモグラフィーを彼は築いている。代表作としては「マザー」、「26年」、「卑劣な街」等がある。

  • 題名 : チーズ・イン・ザ・トラップ (シリーズ15巻)連載中
  • 仮題 :
  • 著者 : スンキ
  • 刊行日 :
  • 分量 :
  • ジャンル : 漫画
  • 国家 : KOREA

内容

<内容紹介>
毎週、特定の曜日にネット上で1話ずつ連載されるWebtoon。無料で読める、又様々なジャンルをえらべて読む面白さがあるという長所で韓国では非常に人気を得ている。
その中特に人気を集まっているWebtoonがこの「チーズ・イン・ザ・トラップ」である。

背景は大学のキャンパス。主人公たちも20代の若者たちである。大学生ホン・ソルは周りとは違い、あらゆる面で優れて学科で人気者である先輩ユ・ジョンに胡散臭さに気づき、よい感情を持っていない。しかし何故か彼とよく絡み合い、様々なことを経験することになる。この二人の間の見えない微妙な感情、そしてユジ・ョンの隠された本音をはじめ、大学キャンパスで起きる人と人との関係の複雑さ、現在と将来についての悩みが凄く現実的に描かれ、多くの人から共感とともにこの作品への支持を招いた。

“恋愛や友情のような感情は、人と人だけの問題だけでなく、周囲の環境に左右される問題でもあるという内容の作品を扱ってみようと、描いた作品だ”と発言している作家の意図により、多数の人物の間で起こる事件や葛藤、愛はうまく作品の中で繰り広げられている。

韓国のみならず、中国やタイ、インドネシアなど、アジア各国で高い人気を博し、多くのファンを獲得してきた「チーズ・イン・ザ・トラップ」はその人気のおかげでドラマ化が決定され、誰が演技することになるかが話題にされた。中でも男性主人公ユ・ジョンはルックス、家柄、成績、ファッションまで、全てを兼ね備えた完璧な男だが、優しい顔の裏側にゾッとする一面を持った、何を考えているのか分からない人物で、キャスティングに関心が集まっていた。現在キャスティングはファンから“原作とまったく同じ”という好評の中終わり、ドラマへの期待感を一層膨らませている。


<登場人物>
ホン・ソル
苦学生であり、奨学金を受けようと勉強を頑張るあまり、他男子生徒には「ガリ勉」と言われていたりする。
長女らしく細やかでよく気がつき、無闇に人に頼ったり、自分を積極的に出したりはしないタイプ。
他人の目を気にする性格からか、観察力は鋭く、人の細かな変化や本性を見破ってしまう。

ユ・ジョン
眉目秀麗、実家は資産家、加えて大学全体首席!人当たりもよく、ミスター・パーフェクトで皆にいいイメージの先輩。しかしホン・ソルはこの人に関わるとなぜか災難が降りかかるし、彼から何か胡散臭さを感じる。

ペク・インホ
ハーフのような顔立ち、少し乱暴な言葉づかい、何か過去を抱えている素振り。
謎に包まれながら、ホン・ソルの前に突然現れた彼はユ・ジョンとも何か関係があるようで‥。

<著者紹介>
スンキ
建国大学校映像学部卒業。2010年からNAVERWEBTOONで「チーズ・イン・ザ・トラップ」を連載中。
「チーズ・イン・ザ・トラップ」は2010年、2011年連続で読者漫画大賞オンライン漫画部分2位にランクされた。

  • 題名 : 人間は忙しいから、猫に任せとけ
  • 仮題 :
  • 著者 : イ・ヨンハン
  • 刊行日 : 2015/5/28
  • 分量 : 340
  • ジャンル : -
  • 国家 : KOREA

内容

複雑で微妙な出生の秘密を持って里山で住む16匹の猫との童話のような、漫画のような日常を描いたフォトエッセイ

友達のいない里山で自然を友だちとして過していた著者の息子。ある日、3匹の子猫と散歩の途中出会い、一緒に時間を過しながらかけがえのない友達になる。
ここから著者の子供と猫たち、里山の景色が見せてくれる童話のようで、時には漫画のようなストーリーが繰り広げられる。

何時の間に猫たちのママになった著者がツイッターとフェイスブックにアップし、多くの人に話題になった写真の中、300カットを厳選しこの本に載せた。時には猫が話しかけるような、時には子供が語るような口ぶりはまるでドラマを見ているような錯覚を与える。

猫と少年の時間は一緒に流れる。この世に猫として生まれ、春に始めてであった桜、蒸し暑い真夏の涼しい陰、秋の落葉の上で転びながら嗅いだ懐かしい匂い、初雪で足が冷えるのを猫と少年は共有する。子猫が猫に成長し子猫を産んで、又他の野良猫を連れてきて、この家の猫は16匹に増えてしまう。しかし、猫と少年は何の悩みもなくお互いを支えながら思い出を沢山作っていく。

都会では見られない穏やかに休んでいる猫の姿がなんとなく私達まで心をほっとさせる。普段猫に関心のない人だとしても、この本の写真を見ていると、里山の木のさわやかな香りと涼しいそよ風を感じるだろう。そしてそこで幸せが自然と感じられる。淡々と作家が書き下ろす文句を読んでいるといつの間にか心の中に猫のためのスペースを設けている自分を発見する。耳を澄ませばすぐ猫の声が聞こえるような写真で里山からの慰めと穏やかさを感じるように

<目次紹介>
始めに
登場猫紹介
1.偶然にママになりました。
2.猫は最高の友だちになれます。
3.猫アクションスクールにようこそ
4.複雑で微妙な秘密があります。
5.猫と一緒に住んでいます。
6.いつの間にか猫場になりました。

<著者紹介>
イ・ヨンハン
ひょっとしたら猫作家。たまには旅行家。19年目旅行中で、最近8年間は猫の領域をさすらいながら、猫を書き取っている。“さよなら、猫シリーズ”を原作にした映画<猫踊り>の製作とシナリオを担当し、日本と中国、台湾で『さよなら、猫よ ありがとう』を翻訳し刊行した。1995年<実践文学>新人賞受賞。“さよなら、猫シリーズ、旅行エッセイ『空で一番近い道』等の著書がある。

  • 題名 : Happy Magic Book
  • 仮題 :
  • 著者 : サルチ
  • 刊行日 : 2015-07-05
  • 分量 : 200
  • ジャンル : -
  • 国家 : KOREA

内容

悩みと心配、不安なんて全部抱えて苦しんでいるとしても何も変わることはない。
吹っ飛ばしてばいいじゃない?

大学で視覚デザインを専攻した卒業ごデザイン会社で働いたが絵だけ描ける人生が欲しくて会社を辞めた著者。その著者が自分を慰めるため描いた絵が皆の心に届いたことに気づき、今は自分の絵を見て微笑んでくれる人々のため絵を描くという。
その心をこめて描いた62点のイラストを集めた本が『Happy Magic Book』だ。この本は私達に微笑を与える。豊満溌剌ビキニギャルが主人公であるサルチの絵日記にはシリアスな話もものすごい事件もない。ただ少し恥ずかしくて些細な私達の日常がユーモラスに、素直に描かれている。
見ているだけで笑いをもらすイラストは“短い時間だけでも”心を暖める。華々しいイラストも、ものすごい事件でもないがいつの間にか力が出る、本当にマジックのような本だ。
これからは幸せが君に抱かれる事しかないよ

<著者紹介>
サルチ
大学で視覚デザインを専攻した。卒業ごデザイン会社で働いたが絵だけ描ける人生が欲しくて会社を辞めた。緑色の植物、猫、夏、笑いがすき。勿論一番大好きなのは描き特に酔っ払った時に名作がでると周りから言われる。

  • 題名 : 一人暮らし、しています。
  • 仮題 :
  • 著者 : ぺク・ドゥリ
  • 刊行日 : 2014-10-10
  • 分量 : 264
  • ジャンル : -
  • 国家 : KOREA

内容

“一人暮らしって、今まで知らなかったわたしと出会う大きな楽しみ!”
自炊12年目の女の人の面白く切ない都会暮らし


フリーランサーイラストレーターで田舎出身でソウルという都会で一人暮らしをしてから12年目の彼女が、一人暮らしの又、30代の社会人として誰でも経験しているたわいのない日常を独特なウイットのある文とイラストで収めている。
一人暮らしの長所と一人暮らしの短所、又人との関係の難しさ、離れている家族への思い、決して甘いだけではない社会生活からの悲しさ。著者の日常と感情がこもったイラストは数多くの一人暮らし族の自画像である。
習慣のようにまたアイデアメモのように書いて、描いてきた絵日記は12年間の一人暮らしの寂しさを慰める大きな役割をした。誰か私の同じ気分を持っている、思いをしている共感が与える“慰労”の力を信じるため、平凡な日常の中何となく過してしまう瞬間をストップさせ描いているという著者。
自分は心だけはまだ大人ではないと思うが、激しいこの社会で生き残るため大人ぶっている30代、毎日孤軍奮闘している人なら誰でも共感できる、癒される本である。

<著者紹介>
ぺク・ドゥリ
一人暮らし12年目の都会の女。気が小さくて、優柔不断という短所を人より繊細で心遣いがあるのだと誇らしく思っている。大学で視覚デザインを専攻し、卒業後イラストレーターとして活動している。企業のホームページ、ファッションブランド、新聞、雑誌、展示など様々な分野で作業している。ホンにも愛情を持ち、色んなホンのカバーとイラストを描き、その中にも心理治癒書のイラスト作業が多かったことから‘慰労専門作家’と呼ばれることも。

  • 題名 : 涙を拭いて
  • 仮題 :
  • 著者 : 藤田小百合
  • 刊行日 : 2015年1月25日
  • 分量 : 230
  • ジャンル : -
  • 国家 : KOREA

内容

<内容紹介>
日本人として韓国で活躍していながら、奇想天外な行動で四次元と思われる芸能人小百合。彼女の日常生活はどうだろう。三十代中半になった彼女の日常生活は、周りの三十代女性とあまり違わない。彼女も素敵な恋がしたいと思うし、結婚したがっているし、仕事をしながらも童話作家になりたいと言う夢も見ている。なお、人間関係で悩んでいる点も私たちと同じだ。しかし、人生を見ている彼女の観点は人と違う。独特な彼女の言語で語る日常と思いには自然と微笑むようになる。ツイッターで15万人のフォロワーと共感した、彼女の語録を覗いてみよう。今時を生きる私たちの考え方は日本と韓国の、一般人も芸能人の境界を超えて激しい共感を呼び寄せる。
<目次紹介>
プローログ

01.愛する
生きていると言うことだけでも、希望になる/私を人として育ててくれる時間を持つ/私を信じてくれる人の期待はいつも、より重い 等
02.考える
今日も心の窓を精一杯拭こう!/私たちの未来はいつも私たちの想像の中にいる/汚い血は健康を、汚いお金は自身を破壊する  等
03.一緒にする
見えない多くの存在が応援する/相手のためでなく、私のため礼儀を守ろう/私にはみんなが先生だった 等
04.生きる
諦めが泣きながら逃げるだろう/信頼は自身が持っている全財産より価値がある/おかずが美味しいければメイン料理もおいしい! 等
05.巣立つ
真の涙の意味を分かるのが先だ/私は後悔も愛する/私の日記はいつも能動態で書かれる 等

<著者紹介>
藤田小百合
1979年東京生まれ。高校で厳しい学校生活を送り、大学に入ってからも低い成績あえいでいた。2004年のアメリカ留学中に韓国ドラマに興味を持ち、2006年に韓国を訪れた。在韓外国人たちが出演するKBSのバラエティー番組「美女たちのおしゃべり」でのレギュラー出演をきっかけに、韓国芸能界デビューを果たしてブレイクした。テレビ番組では独特の表現でトークしたり、ときどき奇想天外な行動をとったりして、出演者を惑わせることも。番組によってはあらゆる扮装をして番組に登場する。そのため『四次元(てんねんキャラ)』と称された。しかし15万名のフォロワーをもっているツイッターを通じて所信のある語録をのこして意識のある芸能人として見直された。

  • 題名 : 私を慰めてくれる治癒の空間と出会う 宮闕に旅立つヒーリング旅行
  • 仮題 :
  • 著者 : イ・ヒャンウ(李・香雨)
  • 刊行日 : 2013年4月30日
  • 分量 :
  • ジャンル : -
  • 国家 : KOREA

内容

<内容紹介>

ソウルには5つの宮闕がある。昔は韓国の政治・経済の中心部としての重要役割をしたが、現在は昔の喜怒哀楽の物語と共に美しい姿で人々たちの心を癒している。韓国の宮闕守護者として活動している作家はその中で4つの宮闕「景福宮(キョンボックン)、昌慶宮(チャンギョングン)、昌徳宮(チャンドックン)、徳寿宮(トクスグン)」を選び、各テーマに合わせ宮闕を紹介している。
宮闕で住んでいた王室の人々の秘話から、宮闕に描かれたの絵や彫刻、宮闕にいる植物まで様々な物語を語っている。また、宮闕の美しい景色や構造を写真だけでなく、著者が手ずから描いた素敵な絵は他の本では見られない宮闕の魅力を見せてあげる。
この本を読むだけでも物語のあるヒーリング旅行になるが、この本を読んで韓国旅行に旅立つと、ただの旅行コースであった韓国の宮闕が違うように見えるに間違いない。

<著者紹介>
イ・ヒャンウ(李・香雨)
ソウル大学校美術大学彫塑科を卒業し、3回の個展と何回かの団体展への参加を通し彫刻家として活動している。
23年間教職に在職し、2000年から10年余りにわたり市民NGO団体である社団法人“韓国の再発見”所属の韓国宮闕守護者として活動している中で、文化財庁長から表彰される。社団法人“韓国の再発見”副代表を歴任し、現在も宮闕守護者として活躍中。

<本文紹介>
景福宮(キョンボックン)
宮闕守護者が物語る景福宮旅行
朝鮮王朝時代最初の宮闕である景福宮は韓国民族の精神が生きて息づく空間

昌慶宮(チャンギョングン)
もう一つの東闕、昌慶宮旅行
朝鮮王朝の波乱万丈の物語が繰り広げられる!

昌徳宮(チャンドックン)
世界で一番美しい宮闕、昌徳宮の旅行
朝鮮王朝の国王と王妃たちがもっとも愛した宮闕、世界文化遺産昌徳宮の魅力に嵌る!

徳寿宮(トクスグン)
皇帝の宮闕、徳寿宮旅行
朝鮮王朝最後の宮闕、徳寿宮で語る朝鮮王朝最後の秘話

  • 題名 : 一日ただ5分、自分の手で顔整形
  • 仮題 :
  • 著者 : ウィ・スヨン
  • 刊行日 : 2014/3/20
  • 分量 : 174
  • ジャンル : -
  • 国家 : KOREA

内容

自分の手でする骨筋セラピーで整形手術なしにも美しくなれる!

整形なしにもきれいになれる骨筋セラピー。骨筋セラピーとは解剖学理論と生理学理論など、科学的な根拠に基づいた骨格、筋肉、神経、リンパ、経絡穴を使って 骨と筋肉を刺激し体と心をきれいにする方法だ。 骨筋セラピーの先駆者である著者が手術や痛みなしに易しく 骨と筋肉をマッサージで刺激するだけで、顔の大きさや頬骨を効果的に整える方法を紹介している。毎日ただ5分で誰も羨ましがる小顔と美脚美人になってみよう!
<目次紹介>
骨筋セラピーの体験 CASE1. 四角顎
骨筋セラピーの体験 CASE2. 面長
骨筋セラピーの体験 CASE3. 顔面輪郭
骨筋セラピーの体験 CASE4. 大顔
骨筋セラピーの体験 CASE5. 下半身
骨筋セラピーの体験 CASE6. ふくらはぎ
骨筋セラピーの前に知っておくべきこと
顔骨筋、小さく滑らかに作る方法
顔筋肉と肌明るくもちもちに
肩と足を細くすらりと

<著者紹介>
ウィ・スヨン
骨筋セラピーの先駆者。手術なしに持続的に管理することだけで顔を小さく顔の輪郭を整える方法
を葉加瀬論文で科学的に証明した。 “ウィ・スヨン骨筋アカデミー”を運営し、韓国はむろん中国にもネットワークを設けて

  • 題名 : 携帯電話少女ミムの時間の発見
  • 仮題 :
  • 著者 : funnyeve、チョ・ジョンファ
  • 刊行日 : 2015年3月25日
  • 分量 : 240
  • ジャンル : -
  • 国家 : KOREA

内容

FACEBOOK、LINECAMERAなどのSNSで1億件以上のダウンロード数を記録した‘携帯電話少女ミム’が伝える、100パーセント活用できる時間管理の話

ミムは24時間携帯に嵌っている少女。友だちは花と猫だけで、友だちを作りたいと思ってはいるが、いつも忙しくてできない。一週間が過ぎ、振り返ってみるとミムに残っているのはただ携帯のアルバムに残っている写真だけ。自分の時間をただ携帯を弄っているだけで過しているのはないのか。いったい、何がそんなに忙しいのか?10代の義務教育と30代の世帯への責任感もまだ持ってない20代なのに。

このような疑問から始まった携帯電話少女ミムの時間の発見は私達の人生を代弁するようにミムの日常生活を通じて20代がもっと共感できる、また自分の時間を振り返ってみるような機会を与えている。

この本は計画を徹底的に立てて時間単位、分単位で管理するようにと主張する他の時間管理所とは違い、ミムという平凡な一日を生きているかわいらしいキャラクターを通じて私達の人生を反映し、私達の時間を作って生きるように、また現在の時間をよく活用できるのに役立つチップを収録している。

さらに、20代に知っておくべきの人生の真実と、20代という時間を貴重に使える戦略、周りの声に揺れずに自分だけの時間を使い生きてゆく勇気を与えるライフコーチチョ・ジョンファの100パーセント活用できる時間管理の話も入っている。この本を読み、自分の20代をどう過すべきか迷ってい他読者も自分の人生の主として又時間の設計者になれる。
<著者紹介>
Funnyeve
Funnyeveは“世界をFunnyに変えよう!”という夢を持っているFunny Creative Groupだ。携帯電話少女ミムの時間の発見’SPPキャラクターでオリジナルキャラクターとしては唯一に優秀賞を受賞し、アジアキャラクター初めてFACEBOOKとパートナシップを結び、FACEBOOKステッカーをランチングした。

チョ・ジョンファ
平凡な人々の非凡な人生を手伝うライフコーチ。大学卒業後、大手企業に入社し社会人としての人生を歩んだ後、
30歳、ライフコーチとして新しい人生を過している。韓国コーチ認証専門コーチで、1人企業Jコーチング究所を運営しながら、コーチング、講演、カラムなどを通じて人々に自由で、幸せな人生を生きるように手伝っている。

<目次紹介>
プロローグ
キャラクター紹介
1.私の人生って何故いつも忙しく、面白くないのかな?
2.わたしらしい時間管理
3.時間をわたしの見方にするためには
4.自然と守られる目標設計方法
5.甘いわたしの時間
6.新しいパラダイムを作ろう
エピローグ
必ず叶う魔法の目標設計方法


美しい別れ

イ・チョルファン (文)、フンナルリン (絵)

「チョナン・カン」として日韓交流に大きく貢献してきたSMAPの草なぎ剛の初の翻訳本『月の街 山の街』。その本の作家イ・チョルファンが文を書いた絵本
<内容紹介>
『美しい別れ』は前作『美しいどんじり』より深い家族の愛情を描いている。お祖母さんは子どもが生まれて時からずっと、傍にいながら子どもを見守ってきた。時間が過ぎにつれ、お婆さんはしわも深くなり、腰も曲がる。しかし、子どもにはお婆さんの微笑む姿が世界中の何よりも美しく感じれる。そんな中、お祖母さんが風邪を引いて倒れてしまい病院に搬送される。この冬を過ごす事が難しそうという医者の宣告に家族たちは非常に悲しむが、お祖母さんが退院した日から家族はお祖母さんのため、冬が過ぎ、春、夏になってもまだ冬であるように行動することになる。
<著者紹介>
文:イ・チョルファン
小説家、童話作家。長編小説に『月の街 山の街(原題・練炭の道)』などがある。韓国で驚異の大ベストセラー『月の街 山の街』は中国と台湾、『こんぼパン』は日本、『ソンイの黄色い傘』『ラクダおじいさんはどこへ行ったのか』は中国でそれぞれ翻訳出版されている。『月の街 山の街』は2009年、ミュージカルとしても上演され、第4回ミュージカルアワードで小劇場創作ミュージカル賞を受賞した。著者の作品のうち9作品は小学校の教科書に、『お父さんの傘』をはじめ7作品が中学校の国語の教科書に掲載された。
絵:フンナルリン
大学で視覚デザインを勉強し、現在はイラストレータとして活躍している。作品としては『私の美しい12才』、『芋花』 『雲英伝』があり、表紙を描いた作品としては『ひとつぼし』、『德惠翁主』、『私が一番美しかった頃』などがある。 『美しい別れ』は時月による悲しい変化と急な事故による別れが頻繁であったため、大切な人と今を共に生きる事ができる大事さを考えながら作業したという。

<もっと見る>

美しいどんじり

イ・チョルファン (文)、ジャン・ギョンへ (絵)

「チョナン・カン」として日韓交流に大きく貢献してきたSMAPの草なぎ剛の初の翻訳本『月の街 山の街』。この本に収録された美しい物語に温かい絵を加えた絵本
<内容紹介>
この作品は多くの人々に感動を与え、韓国の教科書にも収録された物語を絵本で完成したもので、ソウル教育庁の夏休みお薦め図書にも選定された。体が弱くて学校のマラソンで完走できなくなり友達にからかわれるのを恐れているスヒョン。スヒョンは学校のマラソンを完走するため毎日練習をする。そしてマラソンの日。両親の応援の中でスヒョンは友達と頑張って走るが、自分がどんじりであることが確実で息も詰まってしまい、途中で諦めたくなってしまう。その時、スヒョンの後の誰かを応援するみんなの声が聞こえてくる。自分がどん尻でないことを知って、スヒョンは頑張って走り、マラソンを完走する。その日の夜、部屋から聞こえた両親の話で自分の後を走ったどんじりが自分のように体の弱いお父さんであることがわかる。お父さんはスヒョンが不安になってマラソンを諦めないように、スヒョンには内緒に一番後ろで走ったのだった。お父さんの愛情でスヒョンは諦めなく頑張る法方を分かるようになる。
<著者紹介>
文:イ・チョルファン
小説家、童話作家。長編小説に『月の街 山の街(原題・練炭の道)』などがある。韓国で驚異の大ベストセラー『月の街 山の街』は中国と台湾、『こんぼパン』は日本、『ソンイの黄色い傘』『ラクダおじいさんはどこへ行ったのか』は中国でそれぞれ翻訳出版されている。『月の街 山の街』は2009年、ミュージカルとしても上演され、第4回ミュージカルアワードで小劇場創作ミュージカル賞を受賞した。著者の作品のうち9作品は小学校の教科書に、『お父さんの傘』をはじめ7作品が中学校の国語の教科書に掲載された。
絵:ジャン・ギョンへ
大学では韓国文学を専攻したが、絵を描くことが大好きで、画家になった。実は子どもの頃から、つらい時は絵を書きながら自分の心を癒したという。自分の経験のように人に勇気を与える、傷跡を癒してくれる絵を描き続くのがこれからの目標。絵を描いた作品としては『あの人と合った事がありますか』、『昔のように住んでみました』、『私が嫌な日』などがある。

<もっと見る>

子供のための99℃物語

ホアキム・デ・ポサダ 、チョン・ジウン

全米ベストセラー『成功する人のシンプルな法則』が子供に伝える、
99℃に成功を作る1℃を足す方法。

“将来の夢は何なの?”と聞かれるとすぐ答えられない子供たちが沢山いる。
将来に何がしたいのかと考えたことがないか、または自分にこの夢を叶える力があるのかという気持ちに悩みがちの子供たちに、このタイトルは99℃の物語を聞き、一歩を歩き出す少年ローガンを通じて勇気や未来を作る力を与える。

小学校5年生のローガンは才能も、将来の夢もない、ただ友だちと遊ぶのとゲームが好きな普通の少年。そのローガンを周りの大人たちは心配している。夢がない人と夢がある人の人生がどんなに違うのかもう知っているからだ。
このローガンが友達から聞いた99℃のメッセージを通じて変わり、全てのことに努力する子に最長していくのが『子供のための99℃物語』のストーリーだ。

99℃の水はただ熱いだけで沸騰したりしない。100℃になってからやがてふつふつと沸騰する水になる。この水が蒸気を作り出し、この蒸気が車や機関車を走らせる力を持つのだ。この1℃の差がただの熱い水と機械を動かせる力という大きな差を作るのだ。この作品は子供たちに皆は99℃の水で1℃さえあげれば100℃の水になれる存在で、この1℃を上げれる思考や動機、自信をあげる作品だ。


<目次紹介>
原作者からのコメント
著者からのコメント

1.出会い
2.世界中の全てを夢見る
3.バスケゲーム
4.演劇部加入届け
5.99℃
6.右足を踏む
7.1℃の秘密
8.変化
9.弱みも陰口も受け入れ!
10.輝く人
11.沸騰するためには

<著者紹介>
ホアキム・デ・ポサダ
英語とスペイン語でモチベーションについての講演活動を行う他、ラジオ・テレビのパーソナリティー、作家、新聞のコラムニストとしても活躍。これまで世界30カ国以上でリーダーシップ、チーム育成、セールス、マネジメントなどについて講演してきた。スポーツ心理学者として、NBAの名コーチ、デル・ハリスやミルウォーキー・バックス、ロサンゼルス・レイカーズ、さらにはバスケットボールのオリンピック・チームと組み、選手のモチベーションにも取り組んできた。ベリゾン、シティバンク、ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア(BBVA)、ファイザー、バクスター、カーギル、ゼロックス、ユニレバーなど、アメリカおよび世界の数百にのぼる有名企業や専門機関で数多くのプログラムを実施

チョン・ジウン
15歳に作家になろうと決心し、それから15年後本人が書いた本を世界に出した。この世界の幸せは子供たちの笑顔から来ると信じているため、どうすれば子供たちに幸せな夢を夢見るように手伝える大人になれるかについていつも悩んでいる。著書としては『自然災害』、『思春期と性』、『子供のための思いやり』等がある。

<もっと見る>

Only

Jin Goo

今後がもっと期待になる、俳優“Jin Goo”の初フォトエッセイ。
明日を待ちながら書いてきた今日の記録

演技の上手な俳優から、大衆に愛されるスターになった14年目俳優“Jin Goo”。このタイトルは彼が旅行先の済州島で写真と自分の考えを書いた初フォトエッセイである。

2016年、誰よりも忙しい1年を過ごしている彼が跳躍のためとったバケーション。朝寝坊をして、人と出会い、映画を観て…彼の好きなことについて次々と言う彼の姿には男らしいが繊細で、慎重ながらも子どものような純粋な魅力を見せる。

彼の言うことには一つ確実なメッセージがある。仕事、愛、人生、又自分の幸せのためただ一つの道を歩んできたこと。あせらず、ゆっくり、たゆまず、情熱を持って!世間から見るには少し遅く見えるかも知れないが、いつかそれが私を目的地までみちびいてくれるだろうと彼は信じている。綺麗な済州島の背景とともに今まで知られなかった、彼のストーリー、信念、愛、プライベートな一面を覗いて見ることができる。

<著者紹介>
Jin Goo
スターでなく、俳優になるため努力している。2016年韓国、中国で大ブレイクしたドラマ「太陽の末裔」のソ・デヨン上士で役で人気を得るまで、長い期間を独りで歩いてきた。2003年ドラマ「オールイン」でスポットライトを浴びながらデビューしたが、以降以外にも注目のスターにはなれず。しかし、この時期を彼の俳優としてのアイデンティティを築く重要な時期であったと思っている。この時期から鍛えてきた演技力と真面目さで認められ、堅固で、自分らしいフィルモグラフィーを彼は築いている。代表作としては「マザー」、「26年」、「卑劣な街」等がある。

<もっと見る>

チーズ・イン・ザ・トラップ (シリーズ15巻)連載中

スンキ

<内容紹介>
毎週、特定の曜日にネット上で1話ずつ連載されるWebtoon。無料で読める、又様々なジャンルをえらべて読む面白さがあるという長所で韓国では非常に人気を得ている。
その中特に人気を集まっているWebtoonがこの「チーズ・イン・ザ・トラップ」である。

背景は大学のキャンパス。主人公たちも20代の若者たちである。大学生ホン・ソルは周りとは違い、あらゆる面で優れて学科で人気者である先輩ユ・ジョンに胡散臭さに気づき、よい感情を持っていない。しかし何故か彼とよく絡み合い、様々なことを経験することになる。この二人の間の見えない微妙な感情、そしてユジ・ョンの隠された本音をはじめ、大学キャンパスで起きる人と人との関係の複雑さ、現在と将来についての悩みが凄く現実的に描かれ、多くの人から共感とともにこの作品への支持を招いた。

“恋愛や友情のような感情は、人と人だけの問題だけでなく、周囲の環境に左右される問題でもあるという内容の作品を扱ってみようと、描いた作品だ”と発言している作家の意図により、多数の人物の間で起こる事件や葛藤、愛はうまく作品の中で繰り広げられている。

韓国のみならず、中国やタイ、インドネシアなど、アジア各国で高い人気を博し、多くのファンを獲得してきた「チーズ・イン・ザ・トラップ」はその人気のおかげでドラマ化が決定され、誰が演技することになるかが話題にされた。中でも男性主人公ユ・ジョンはルックス、家柄、成績、ファッションまで、全てを兼ね備えた完璧な男だが、優しい顔の裏側にゾッとする一面を持った、何を考えているのか分からない人物で、キャスティングに関心が集まっていた。現在キャスティングはファンから“原作とまったく同じ”という好評の中終わり、ドラマへの期待感を一層膨らませている。


<登場人物>
ホン・ソル
苦学生であり、奨学金を受けようと勉強を頑張るあまり、他男子生徒には「ガリ勉」と言われていたりする。
長女らしく細やかでよく気がつき、無闇に人に頼ったり、自分を積極的に出したりはしないタイプ。
他人の目を気にする性格からか、観察力は鋭く、人の細かな変化や本性を見破ってしまう。

ユ・ジョン
眉目秀麗、実家は資産家、加えて大学全体首席!人当たりもよく、ミスター・パーフェクトで皆にいいイメージの先輩。しかしホン・ソルはこの人に関わるとなぜか災難が降りかかるし、彼から何か胡散臭さを感じる。

ペク・インホ
ハーフのような顔立ち、少し乱暴な言葉づかい、何か過去を抱えている素振り。
謎に包まれながら、ホン・ソルの前に突然現れた彼はユ・ジョンとも何か関係があるようで‥。

<著者紹介>
スンキ
建国大学校映像学部卒業。2010年からNAVERWEBTOONで「チーズ・イン・ザ・トラップ」を連載中。
「チーズ・イン・ザ・トラップ」は2010年、2011年連続で読者漫画大賞オンライン漫画部分2位にランクされた。

<もっと見る>

人間は忙しいから、猫に任せとけ

イ・ヨンハン

複雑で微妙な出生の秘密を持って里山で住む16匹の猫との童話のような、漫画のような日常を描いたフォトエッセイ

友達のいない里山で自然を友だちとして過していた著者の息子。ある日、3匹の子猫と散歩の途中出会い、一緒に時間を過しながらかけがえのない友達になる。
ここから著者の子供と猫たち、里山の景色が見せてくれる童話のようで、時には漫画のようなストーリーが繰り広げられる。

何時の間に猫たちのママになった著者がツイッターとフェイスブックにアップし、多くの人に話題になった写真の中、300カットを厳選しこの本に載せた。時には猫が話しかけるような、時には子供が語るような口ぶりはまるでドラマを見ているような錯覚を与える。

猫と少年の時間は一緒に流れる。この世に猫として生まれ、春に始めてであった桜、蒸し暑い真夏の涼しい陰、秋の落葉の上で転びながら嗅いだ懐かしい匂い、初雪で足が冷えるのを猫と少年は共有する。子猫が猫に成長し子猫を産んで、又他の野良猫を連れてきて、この家の猫は16匹に増えてしまう。しかし、猫と少年は何の悩みもなくお互いを支えながら思い出を沢山作っていく。

都会では見られない穏やかに休んでいる猫の姿がなんとなく私達まで心をほっとさせる。普段猫に関心のない人だとしても、この本の写真を見ていると、里山の木のさわやかな香りと涼しいそよ風を感じるだろう。そしてそこで幸せが自然と感じられる。淡々と作家が書き下ろす文句を読んでいるといつの間にか心の中に猫のためのスペースを設けている自分を発見する。耳を澄ませばすぐ猫の声が聞こえるような写真で里山からの慰めと穏やかさを感じるように

<目次紹介>
始めに
登場猫紹介
1.偶然にママになりました。
2.猫は最高の友だちになれます。
3.猫アクションスクールにようこそ
4.複雑で微妙な秘密があります。
5.猫と一緒に住んでいます。
6.いつの間にか猫場になりました。

<著者紹介>
イ・ヨンハン
ひょっとしたら猫作家。たまには旅行家。19年目旅行中で、最近8年間は猫の領域をさすらいながら、猫を書き取っている。“さよなら、猫シリーズ”を原作にした映画<猫踊り>の製作とシナリオを担当し、日本と中国、台湾で『さよなら、猫よ ありがとう』を翻訳し刊行した。1995年<実践文学>新人賞受賞。“さよなら、猫シリーズ、旅行エッセイ『空で一番近い道』等の著書がある。

<もっと見る>

Happy Magic Book

サルチ

悩みと心配、不安なんて全部抱えて苦しんでいるとしても何も変わることはない。
吹っ飛ばしてばいいじゃない?

大学で視覚デザインを専攻した卒業ごデザイン会社で働いたが絵だけ描ける人生が欲しくて会社を辞めた著者。その著者が自分を慰めるため描いた絵が皆の心に届いたことに気づき、今は自分の絵を見て微笑んでくれる人々のため絵を描くという。
その心をこめて描いた62点のイラストを集めた本が『Happy Magic Book』だ。この本は私達に微笑を与える。豊満溌剌ビキニギャルが主人公であるサルチの絵日記にはシリアスな話もものすごい事件もない。ただ少し恥ずかしくて些細な私達の日常がユーモラスに、素直に描かれている。
見ているだけで笑いをもらすイラストは“短い時間だけでも”心を暖める。華々しいイラストも、ものすごい事件でもないがいつの間にか力が出る、本当にマジックのような本だ。
これからは幸せが君に抱かれる事しかないよ

<著者紹介>
サルチ
大学で視覚デザインを専攻した。卒業ごデザイン会社で働いたが絵だけ描ける人生が欲しくて会社を辞めた。緑色の植物、猫、夏、笑いがすき。勿論一番大好きなのは描き特に酔っ払った時に名作がでると周りから言われる。

<もっと見る>

一人暮らし、しています。

ぺク・ドゥリ

“一人暮らしって、今まで知らなかったわたしと出会う大きな楽しみ!”
自炊12年目の女の人の面白く切ない都会暮らし


フリーランサーイラストレーターで田舎出身でソウルという都会で一人暮らしをしてから12年目の彼女が、一人暮らしの又、30代の社会人として誰でも経験しているたわいのない日常を独特なウイットのある文とイラストで収めている。
一人暮らしの長所と一人暮らしの短所、又人との関係の難しさ、離れている家族への思い、決して甘いだけではない社会生活からの悲しさ。著者の日常と感情がこもったイラストは数多くの一人暮らし族の自画像である。
習慣のようにまたアイデアメモのように書いて、描いてきた絵日記は12年間の一人暮らしの寂しさを慰める大きな役割をした。誰か私の同じ気分を持っている、思いをしている共感が与える“慰労”の力を信じるため、平凡な日常の中何となく過してしまう瞬間をストップさせ描いているという著者。
自分は心だけはまだ大人ではないと思うが、激しいこの社会で生き残るため大人ぶっている30代、毎日孤軍奮闘している人なら誰でも共感できる、癒される本である。

<著者紹介>
ぺク・ドゥリ
一人暮らし12年目の都会の女。気が小さくて、優柔不断という短所を人より繊細で心遣いがあるのだと誇らしく思っている。大学で視覚デザインを専攻し、卒業後イラストレーターとして活動している。企業のホームページ、ファッションブランド、新聞、雑誌、展示など様々な分野で作業している。ホンにも愛情を持ち、色んなホンのカバーとイラストを描き、その中にも心理治癒書のイラスト作業が多かったことから‘慰労専門作家’と呼ばれることも。

<もっと見る>

涙を拭いて

藤田小百合

<内容紹介>
日本人として韓国で活躍していながら、奇想天外な行動で四次元と思われる芸能人小百合。彼女の日常生活はどうだろう。三十代中半になった彼女の日常生活は、周りの三十代女性とあまり違わない。彼女も素敵な恋がしたいと思うし、結婚したがっているし、仕事をしながらも童話作家になりたいと言う夢も見ている。なお、人間関係で悩んでいる点も私たちと同じだ。しかし、人生を見ている彼女の観点は人と違う。独特な彼女の言語で語る日常と思いには自然と微笑むようになる。ツイッターで15万人のフォロワーと共感した、彼女の語録を覗いてみよう。今時を生きる私たちの考え方は日本と韓国の、一般人も芸能人の境界を超えて激しい共感を呼び寄せる。
<目次紹介>
プローログ

01.愛する
生きていると言うことだけでも、希望になる/私を人として育ててくれる時間を持つ/私を信じてくれる人の期待はいつも、より重い 等
02.考える
今日も心の窓を精一杯拭こう!/私たちの未来はいつも私たちの想像の中にいる/汚い血は健康を、汚いお金は自身を破壊する  等
03.一緒にする
見えない多くの存在が応援する/相手のためでなく、私のため礼儀を守ろう/私にはみんなが先生だった 等
04.生きる
諦めが泣きながら逃げるだろう/信頼は自身が持っている全財産より価値がある/おかずが美味しいければメイン料理もおいしい! 等
05.巣立つ
真の涙の意味を分かるのが先だ/私は後悔も愛する/私の日記はいつも能動態で書かれる 等

<著者紹介>
藤田小百合
1979年東京生まれ。高校で厳しい学校生活を送り、大学に入ってからも低い成績あえいでいた。2004年のアメリカ留学中に韓国ドラマに興味を持ち、2006年に韓国を訪れた。在韓外国人たちが出演するKBSのバラエティー番組「美女たちのおしゃべり」でのレギュラー出演をきっかけに、韓国芸能界デビューを果たしてブレイクした。テレビ番組では独特の表現でトークしたり、ときどき奇想天外な行動をとったりして、出演者を惑わせることも。番組によってはあらゆる扮装をして番組に登場する。そのため『四次元(てんねんキャラ)』と称された。しかし15万名のフォロワーをもっているツイッターを通じて所信のある語録をのこして意識のある芸能人として見直された。

<もっと見る>

私を慰めてくれる治癒の空間と出会う 宮闕に旅立つヒーリング旅行

イ・ヒャンウ(李・香雨)

<内容紹介>

ソウルには5つの宮闕がある。昔は韓国の政治・経済の中心部としての重要役割をしたが、現在は昔の喜怒哀楽の物語と共に美しい姿で人々たちの心を癒している。韓国の宮闕守護者として活動している作家はその中で4つの宮闕「景福宮(キョンボックン)、昌慶宮(チャンギョングン)、昌徳宮(チャンドックン)、徳寿宮(トクスグン)」を選び、各テーマに合わせ宮闕を紹介している。
宮闕で住んでいた王室の人々の秘話から、宮闕に描かれたの絵や彫刻、宮闕にいる植物まで様々な物語を語っている。また、宮闕の美しい景色や構造を写真だけでなく、著者が手ずから描いた素敵な絵は他の本では見られない宮闕の魅力を見せてあげる。
この本を読むだけでも物語のあるヒーリング旅行になるが、この本を読んで韓国旅行に旅立つと、ただの旅行コースであった韓国の宮闕が違うように見えるに間違いない。

<著者紹介>
イ・ヒャンウ(李・香雨)
ソウル大学校美術大学彫塑科を卒業し、3回の個展と何回かの団体展への参加を通し彫刻家として活動している。
23年間教職に在職し、2000年から10年余りにわたり市民NGO団体である社団法人“韓国の再発見”所属の韓国宮闕守護者として活動している中で、文化財庁長から表彰される。社団法人“韓国の再発見”副代表を歴任し、現在も宮闕守護者として活躍中。

<本文紹介>
景福宮(キョンボックン)
宮闕守護者が物語る景福宮旅行
朝鮮王朝時代最初の宮闕である景福宮は韓国民族の精神が生きて息づく空間

昌慶宮(チャンギョングン)
もう一つの東闕、昌慶宮旅行
朝鮮王朝の波乱万丈の物語が繰り広げられる!

昌徳宮(チャンドックン)
世界で一番美しい宮闕、昌徳宮の旅行
朝鮮王朝の国王と王妃たちがもっとも愛した宮闕、世界文化遺産昌徳宮の魅力に嵌る!

徳寿宮(トクスグン)
皇帝の宮闕、徳寿宮旅行
朝鮮王朝最後の宮闕、徳寿宮で語る朝鮮王朝最後の秘話

<もっと見る>

一日ただ5分、自分の手で顔整形

ウィ・スヨン

自分の手でする骨筋セラピーで整形手術なしにも美しくなれる!

整形なしにもきれいになれる骨筋セラピー。骨筋セラピーとは解剖学理論と生理学理論など、科学的な根拠に基づいた骨格、筋肉、神経、リンパ、経絡穴を使って 骨と筋肉を刺激し体と心をきれいにする方法だ。 骨筋セラピーの先駆者である著者が手術や痛みなしに易しく 骨と筋肉をマッサージで刺激するだけで、顔の大きさや頬骨を効果的に整える方法を紹介している。毎日ただ5分で誰も羨ましがる小顔と美脚美人になってみよう!
<目次紹介>
骨筋セラピーの体験 CASE1. 四角顎
骨筋セラピーの体験 CASE2. 面長
骨筋セラピーの体験 CASE3. 顔面輪郭
骨筋セラピーの体験 CASE4. 大顔
骨筋セラピーの体験 CASE5. 下半身
骨筋セラピーの体験 CASE6. ふくらはぎ
骨筋セラピーの前に知っておくべきこと
顔骨筋、小さく滑らかに作る方法
顔筋肉と肌明るくもちもちに
肩と足を細くすらりと

<著者紹介>
ウィ・スヨン
骨筋セラピーの先駆者。手術なしに持続的に管理することだけで顔を小さく顔の輪郭を整える方法
を葉加瀬論文で科学的に証明した。 “ウィ・スヨン骨筋アカデミー”を運営し、韓国はむろん中国にもネットワークを設けて

<もっと見る>

携帯電話少女ミムの時間の発見

funnyeve、チョ・ジョンファ

FACEBOOK、LINECAMERAなどのSNSで1億件以上のダウンロード数を記録した‘携帯電話少女ミム’が伝える、100パーセント活用できる時間管理の話

ミムは24時間携帯に嵌っている少女。友だちは花と猫だけで、友だちを作りたいと思ってはいるが、いつも忙しくてできない。一週間が過ぎ、振り返ってみるとミムに残っているのはただ携帯のアルバムに残っている写真だけ。自分の時間をただ携帯を弄っているだけで過しているのはないのか。いったい、何がそんなに忙しいのか?10代の義務教育と30代の世帯への責任感もまだ持ってない20代なのに。

このような疑問から始まった携帯電話少女ミムの時間の発見は私達の人生を代弁するようにミムの日常生活を通じて20代がもっと共感できる、また自分の時間を振り返ってみるような機会を与えている。

この本は計画を徹底的に立てて時間単位、分単位で管理するようにと主張する他の時間管理所とは違い、ミムという平凡な一日を生きているかわいらしいキャラクターを通じて私達の人生を反映し、私達の時間を作って生きるように、また現在の時間をよく活用できるのに役立つチップを収録している。

さらに、20代に知っておくべきの人生の真実と、20代という時間を貴重に使える戦略、周りの声に揺れずに自分だけの時間を使い生きてゆく勇気を与えるライフコーチチョ・ジョンファの100パーセント活用できる時間管理の話も入っている。この本を読み、自分の20代をどう過すべきか迷ってい他読者も自分の人生の主として又時間の設計者になれる。
<著者紹介>
Funnyeve
Funnyeveは“世界をFunnyに変えよう!”という夢を持っているFunny Creative Groupだ。携帯電話少女ミムの時間の発見’SPPキャラクターでオリジナルキャラクターとしては唯一に優秀賞を受賞し、アジアキャラクター初めてFACEBOOKとパートナシップを結び、FACEBOOKステッカーをランチングした。

チョ・ジョンファ
平凡な人々の非凡な人生を手伝うライフコーチ。大学卒業後、大手企業に入社し社会人としての人生を歩んだ後、
30歳、ライフコーチとして新しい人生を過している。韓国コーチ認証専門コーチで、1人企業Jコーチング究所を運営しながら、コーチング、講演、カラムなどを通じて人々に自由で、幸せな人生を生きるように手伝っている。

<目次紹介>
プロローグ
キャラクター紹介
1.私の人生って何故いつも忙しく、面白くないのかな?
2.わたしらしい時間管理
3.時間をわたしの見方にするためには
4.自然と守られる目標設計方法
5.甘いわたしの時間
6.新しいパラダイムを作ろう
エピローグ
必ず叶う魔法の目標設計方法


<もっと見る>

    1 2